2011年09月01日

定番FTPクライアントソフト「FFFTP」が開発終了

定番FTPクライアントソフト「FFFTP」が開発終了したとのニュースが報じられました。
同氏によると開発終了の理由は、開発を継続するためのモチベーションが維持できなくなったためとのことですが、それは不正使用が横行しているためでしょうか。よりセキュリティ面で優位なSCPやSFTPなどのファイル転送用プロトコルの登場により役目を終えつつあることからでしょうか。とにかく寂しいですね。

昔、MS/DOSの時代に一世を風靡したファイル管理ソフトはわが母校の先輩が作られたんですよね。それが、windowsの世界に入り、開発終了となりました。

その後も、私が有料で購入した「卓駆」「MailPeeper」などが開発中断していますね。
いずれもとても軽くて、便利なソフトですが。

かくいう私は、ftpソフトはnextftpを使っていますので、今のところ頻繁にUpdateしてもらえていますがね。

 ↓ からいいソフトを探して便利に使いこなしてくださいよ。


posted by イクソス | Comment(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LuvPad WN101P比較

マウスコンピューターのタブレット型PC LuvPad WN101PとAcer ICONIA TAB タブレット型PC W500 ICONIATAB-W500Pを比較してみました。違いの部分だけピックアップしました。

spec.jpg
総合的に見て、マウスコンピューターの勝ちでしょう。後発ですから。体感スピードから言えばそんなに変わらないでしょうね。ただ軽くて、オフィスソフト附属(買えば4,980円)という点で、マウスコンピューターに軍配を上げます。

こちらからお買い求めください。 ↓ Amazon最安値のものです。

タブレットPC mouse computer LuvPad WN101LuvPad WN101

新品価格
¥59,320から
(2011/9/1 05:22時点)



posted by イクソス | Comment(0) | WN101-P | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

LuvPad WN101-Pいよいよ発売

Windows 7採用の10.1型タブレット型パソコン LuvPad WN101-Pいよいよ本日8月31日発売です。

期待させますね。
よろしかったら ↓ こちらからご購入ください。

タブレットPC mouse computer LuvPad WN101LuvPad WN101

新品価格
¥59,320から
(2011/8/31 12:31時点)




Amazon価格で¥59,320です。

よろしかったら ↓ こちらの方がわずか安いです。こちらからご購入ください。
【送料無料】マウスコンピューター LuvPad LP-WN101-P (Windows 7 Professional 32ビット版搭載...

楽天市場で最安値は¥57,933です。

いかがですか。今までのパソコンでのデータはすべて使えます。購入の絶好のチャンスです。

付属のオフィスソフトkingsoftはマイクロソフトのオフィスとの互換性は抜群です。
ただ、このソフトで作ったファイルを保存するときに、MS Office用にして保存が必要です。
あらかじめ設定しておくとそのままMSOffice用のファイルとして保存できます。↓

保存方法の設定について
posted by イクソス | Comment(0) | WN101-P | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

LB-M131B

普通に使う分、やっぱりノートパソコンかなと。とても格安なパソコンが発売されました。

インテル Atom プロセッサー N550 (1.50GHz)/DDR3 2GBメモリ/320GB HDD/インテル グラフィックス・メディア・アクセラレータ3150/無線LAN(IEEE 802.11b/11g/11n 対応)/Bluetooth搭載/10.1型ワイド液晶/Windows 7 Home Premium with SP1 正規版インストール済。
posted by イクソス | Comment(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

ワープロソフト一太郎のこと

ワープロソフト一太郎については元祖「一太郎」の時代からずーっと使ってきました。
ですからもうword派にはなれません。とはいえ職場にはプリインストールのwordが支配的です。

それから26年 一太郎の会社Justsystemも他社の子会社になり、浮川初代社長も辞任し、一太郎は新しい時代を迎えつつあります。それが利用者にいいのかというとそうでもありません。

 一太郎が歩んできた道を「一太郎2011創」というのは一変させました。それには一抹の寂しさと利用しにくさとが伴います。

あれ、言語バーの雰囲気が違うぞと感じた瞬間、これは一太郎とは違う次郎だと感じたわけです。内部ロジックを変えて変換効率を上げるとかはいいんですが、表面はできるかぎり前のものを踏襲してほしいんですけど。わたしも守旧派なんでしょうね。

ひとまず、一太郎だけは毎年のアップデートにつきあっています。

MS Wordがカーソルを自由に持って行けない点、罫線の概念が私にとってはわかりにくい点、一部の行間を調整するときの不自由さなどから一太郎派のまま行くでしょうけど。
posted by イクソス | Comment(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マウスコンピューター/G-Tune
さくらのレンタルサーバ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。